重症複合免疫不全症(SCID)について|小児科・内科・皮膚科 東大阪市の小児科専門医院|髙丘医院

  • HOME
  • お知らせ
  • 重症複合免疫不全症(SCID)について|小児科・内科・皮膚科 東大阪市の小児科専門医院|髙丘医院

重症複合免疫不全症(SCID)の赤ちゃんは生まれつき体の中の免疫細胞がうまく働かず、感染に対する抵抗力が低下します。細菌やウイルスなどの病原体に感染しやすく、重篤な肺炎、中耳炎、膿瘍、髄膜炎などを繰り返し、後遺症を残すこともあります。時には命の危険を生じることもあります。

この病気の発生頻度は5万人に一人と言われています。早期に発見し適切な治療を行う必要があります。 また、多くの赤ちゃんにとって、予防接種は病気を予防するために必要なものですが、重症複合免疫不全症(SCID)の赤ちゃんが生ワクチンを使用した予防接種を受けると、重篤な副反応をおこすことがあります。

赤ちゃんはまだ感染の機会が少ないので症状としては現れません。できれば、生後1か月までに重症複合免疫不全症(SCID)スクリーニング検査を受けることをお勧めします。

産科によってはすでに出産時のスクリーニング検査に含まれている場合がありますので、出産した施設にお尋ねください。 産科で検査していない場合に当院でも実施できます。実費として2200円がかかります。 ただし、令和3年3月までの料金で、それ以降は値上がりする予定です。 検査結果が出るまでに1~2か月ほどかかります。