ロタウィルスのワクチンについて(改)

ロタウィルスワクチンには2種類あります。
ロタリックス(グラクソ・スミスクライン社)とロタテック(MSD社)です。

ロタリックスはヒト由来のウィルスを使い1価(1種類)、ロタテックはヒトとウシのウィルスから遺伝子組み換えで人工的に作られた5価(5種類)の生きたロタウィルスが入っています。
ロタリックスは1価しか入っていませんがヒト由来のため腸内での増殖が良くて2回の経口接種で効果があり、種類の違うロタウィルスにも交叉反応で対応できます。

ロタテックは5価も入っていますが遺伝子組み換えのため腸内での増殖が弱くて3回経口接種しなくてはなりません。5価以外に交叉反応はありませんが、流行頻度の高い種類をカバーしています。

いろいろ違いはありますが、結果的に効果はどちらも同等と考えてよいと思います。

当院ではロタリックスを採用しています.
ロタテックをご希望の方は取り扱っている医療機関で接種していただくようお願いします。
以前は希望者には取り寄せ対応していましたが、せっかく取り寄せたのに連絡もなく他院で接種していた事例がありました。
返品できない高価なワクチンの処分に大変困りましたので、それ以降はロタリックスに一本化させていただいています。
また、1回目をロタリックスで2回目をロタテック接種するなど混合して接種することはできません。
生後6週目から接種できますが他の予防接種との調整から8週目に他のワクチンとの同時接種をお勧めします。